自然災害から家を守る保険

家を建てた人は自然災害に備えて何らかの保険に入ります。

その時に迷うのが火災共済と火災保険のどちらに加入するかです。
火災共済は全労済や都道府県民共済などが取り扱っています。全労済は営利を目的としていないので、相互扶助の精神から保険料は安いです。一方で自然災害が発生して家が損害を受けた時にもらえる共済金も少ないです。



火災保険は損害保険会社が販売する保険で、ビジネスとして展開しているので保険料は安くありません。

しかし風災や雪災、ヒョウ災など様々な保険を付けたり外したりできます。
火災保険で支払われる保険金は、実損価格に基づいています。

現時点で最高のナチュラルな家の情報といえばココです。

よって保険金をもらったら家の修復費用は別の場所から工面する必要はありません。


ほとんどの場合で数千万円以上もらえる契約です。

保険料が安いと魅力的ですが、家の修理には多額の費用がかかるので、保険内容が充実した火災保険が適しています。

火災保険の基本的な補償対象は火災や落雷、破裂、爆発です。そして経済状況などによって水災や盗難、汚損などのオプションを付ければ、無駄な補償に対して保険料を払わなくてよくなります。オプションの組み合わせは4種類~6種類あるので、住んでいる地域によって発生しやすい自然災害に備えると良いです。

火災保険では第三者機関の鑑定会社が損害額を出すので、保険金を出し渋りすることはありません。
火災共済の多くは一事業部が鑑定するので、全労済の味方になりやすいです。

BIGLOBEニュースについて知るならこのサイトです。